月別: 2020年2月

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ

2020年06月17日

経済産業省から新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様に対して、支援金・補助金・給付金などの内容について開示しておりました。


対象になる方がいるかと思います。是非一度ご確認をお願い致します。


経済産業省HPより資料引用

ふるさと支援・中間報告

2020年05月30日

5月18日から開始した「【ふるさと支援・豊橋市の医療従事者をサポート】#感謝をカタチに」

の中間報告です。5月29日までの12日間で約70名の支援者から寄付金をいただきました。

また、現在総額191万2000円の寄付金が集まっております。 本当にありがとうございます!!

寄付を募りだしてからも、状況は刻一刻と変わり、東京都や北九州市では、一日での感染者数2桁が連日続いています。

感染拡大の第2波、そして医療機関への資材、衛生用品の圧迫がここ数日、大きく報じられております。

私ども豊橋青年会議所としても、この地において寄付金を募ることが、皆様の危機感を強め、

当地域の感染拡大防止の一端を担えると考えております。

引き続き、ご支援のほどよろしくお願い致します。

【実施要綱】

日  時:2020年05月18日(月)~2020年06月22日(月)

支援金:1口 3000円から

【寄付申込について】

※以下<豊橋青年会議所寄付申出書>をクリックして、ファイルのダウンロードをお願い致します

 

≪豊橋青年会議所寄付申出書をダウンロード≫

 

内 容:豊橋市内の医療機関及び保育施設に対し、【豊橋市防災危機管理課】を通じて下記医療物資の購入費用を助成します。

◆豊橋市内の医療機関

【マスクや手袋、ガウン、フェイスシールドなど、医療物資、衛生用品の購入費用】

◆豊橋市内の保育施設

【マスクなど、衛生用品の購入費用】

皆様からいただきました寄付は、上記の図式のフローに沿って、地域の医療機関及び保育施設に支援として届けられます。

何卒、よろしくお願い致します。

備 考:いただいた寄付金の総額、また寄付金の使用用途の詳細については随時、豊橋青年会議所公式ホームページにて掲載いたします。

ふるさと支援・豊橋市の医療従事者をサポート

2020年05月17日

 

世界各国で新型コロナウイルスが猛威を奮っており、日本政府からの緊急事態宣言は一部解除されましたが、まだまだ感染者は増加しています。 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、常に感染リスクと隣り合わせの最前線で従事されている方々に心から感謝するとともに、そうした方々を支援するため、我々豊橋青年会議所として、豊橋市民や豊橋市にゆかりのある方から寄付を募り、必要な医療物資・衛生用品などの購入資金を集める活動「【ふるさと支援・豊橋市の医療従事者をサポート】#感謝をカタチに」を、立ち上げる運びとなりました。

【概  要】

5月16日現在、国からの愛知県に対する緊急事態宣言は解除されましたが、医療物資や衛生用品の不足は依然として深刻であり、安定供給も難しい為、医療機関では従来医療の継続が危ぶまれる状況は改善されていません。また、医療関係者のお子様や、仕事を休むことのできない方々のお子様を預かる保育施設においても、マスクや消毒液等の衛生用品が手に入り辛い状況は改善されていません。人々の命を守るために全力を尽くされている医療従事者、保育士の方々を私たち民間の力で支えることが、今、私たち豊橋青年会議所にできることであると考え、支援者の皆様からの寄付金を活用し、豊橋市役所を経由して市内の医療機関と保育施設へと支援を行います。市内のみならず豊橋市にゆかりのある方々の温かい御支援が「ふるさと」を救います。本取り組みへの御賛同、また一人でも多くの方へお伝えいただきますようお願い申し上げます。

【実施要綱】

日  時:2020年05月18日(月)~2020年06月22日(月)

支援金:1口 3000円から

【寄付申込について】

※以下<豊橋青年会議所寄付申出書>をクリックして、ファイルのダウンロードをお願い致します

 

≪豊橋青年会議所寄付申出書をダウンロード≫

 

内 容:豊橋市内の医療機関及び保育施設に対し、【豊橋市防災危機管理課】を通じて下記医療物資の購入費用を助成します。

◆豊橋市内の医療機関

【マスクや手袋、ガウン、フェイスシールドなど、医療物資、衛生用品の購入費用】

◆豊橋市内の保育施設

【マスクなど、衛生用品の購入費用】

皆様からいただきました寄付は、上記の図式のフローに沿って、地域の医療機関及び保育施設に支援として届けられます。

何卒、よろしくお願い致します。

備 考:いただいた寄付金の総額、また寄付金の使用用途の詳細については随時、豊橋青年会議所公式ホームページにて掲載いたします。

現状を悲観せず「未来への運動」

2020年05月12日

世界各国で新型コロナウイルスが猛威を奮っております。日本でも日に日に感染者数が増加しているのが現状です。


我々が今が出来ることは一人一人がコロナウイルスに対して真摯に向き合う意識と協力であります。


豊橋青年会議所は「世界を守る18の目標」を念頭に一人一人がこの目標を意識しコロナウイルスと戦ってまいります。


皆様も一緒に行ってみてはいかがでしょうか!!
一人一人の意識がコロナウイルスの終息の第一歩となるはずです!!

2020年度 名古屋会議

2020年02月16日

2月11日(火)公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会2020年度名古屋会議が愛知県日進市にある愛知学院日清キャンパスにて行われました。33青年会議所のメンバーが一堂に集まりました。
そして、第62代ブロック会長曽根奈子くんが素晴らしい所信表明をされておりました。

スローガン 「33の進華 心豊かに誰もが輝く持続可能な愛知の創造」


愛知ブロック協議会直前会長である金海慶太郎先輩へ感謝状が贈呈されました。

豊橋青年会議所としても、鮮やかに咲き誇る一輪の花になれるよう活動を展開してまいります!!

2020年度 京都会議

2020年01月21日

公益社団法人日本青年会議所2020年度京都会議 1月16日木曜日~1月19日日曜日
テーマ アップデート
JCの価値と歴史を再認識したうえで、先入観を捨て時代に即した組織や政策進化を遂げる契機となる京都会議として開催されました。

組織フォーラム「組織4.0」
プロノイアグループ株式会社 代表取締役ピョートル・フェリクス・グジバチ氏をお招きし
LOMの組織改革をするメンバーの意識をアップデートするフォーラムを開催しておりました。

 
社会フォーラム
「SDGs3.0~人と企業が生み出す好循環~」
阪急阪神ホールディングス株式会社 代表取締役 角 和夫氏
四条畷市長 東 修平氏
なぜ個人や企業がSDGsを通して社会課題に取り組む必要があるのかを改めて問題提起することで、認識をアップデートし、好循環を生み出す人・企業になるためのきっかけとなるフォーラムを開催しておりました。

まだまだ、数々のフォーラム・セミナー・ブートがあり、会場は熱気に満ち溢れておりました。

笠原理事長所信

2020年01月01日
笠原理事長
燦然 ~第一線の挑戦者たれ~

新年のご挨拶

2020年01月01日

理事長 笠原元樹    新年のあいさつ

 

新年あけましておめでとうございます。

 

旧年中は私ども公益社団法人豊橋青年会議所の活動に対して多くの皆様にご支援、ご協力を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

 

時代は昭和、平成と経て令和という新時代が始まりグローバル化、デジタル化、少子高齢化など様々な課題が加速度的に進行するとともに、多種多様な価値観をもつ人々により構成され始めた世の中は、個の利益から全体の利益、経済的価値から社会的価値へと価値感の変化が進んでいます。未来が創造しづらい現代において、我々は困難や課題から決して目を背けることなく、失敗を恐れず挑戦し、強い信念と時代の変革者としての責任を果たすべき歩みを止めてはいけないと感じております。
 本年度は「燦然~第一線の挑戦者たれ~」をターゲットに掲げ、失敗を恐れず挑戦し、この地域において燦然と輝く団体であり続けるために、「青年会議所だからできること」をしっかりと明示し続け、地域に貢献できるよう青年経済人らしい客観的な視点と、柔軟な感性で邁進してまいります。
 結びになりますが、第69代理事長という大役を拝命し、伝統ある豊橋青年会議所のリーダーとして責任を持って一年間活動を行って参ります。本年度も皆様の温かいご指導ご鞭撻をお願い申し上げますと供に皆様にとって2020年度が素晴らしい一年となりますよう、心からご祈念申し上げます。一年間どうぞ宜しくお願い致します。