委員会基本方針

輝く東三河創造委員会

委員長  神尾 翔

 

東三河は豊川を中心に、山、海、また平野と特色ある自然が近距離内に存在し、その独自の地域性、それを活かした文化や産業など多くの魅力とともに、美しく豊かな地域として発展してまいりました。平成24年には東三河県庁が設置され、この東三河の振興が愛知県として飛躍することの柱となることはもとより、全国、ひいては世界各国へと輝きを放つ基盤の整備が進んできております。世界の中でも輝く地域「東三河」になるため、地域の特色ある魅力を東三河の人々へ周知する必要性があることはもちろんのこと、東三河以外、国内外の人々へも伝えていくべきです。

まずは東三河県庁の設置を礎に東三河広域連合の成立を経て、東三河はひとつであるという認識のもと、各地に点在するこの地域独自の自然や文化などの特色ある魅力を今一度考察します。そして、現在では三遠南信縦貫道の整備も進んでおり、外部からも東三河を一体と捉える社会基盤がある今こそこの機をチャンスと捉え、この地の古き良きものを継承しながら現代から未来へ、東三河から世界へと、その魅力を国内外の方に知っていただきます。今後も変わり続ける時代の流れに沿いながら東三河が世界を魅了し続けるための道筋を創造します。さらには、地域の方や民間企業とも意思疎通を図りながら、これから未来へと発展していくにはどのような地域であるべきかを考え、地域を牽引しながら、この地域の魅力を活かした産業について将来の構想を描き、その発展に寄与します。また、「東三河はひとつ」の合言葉を率先して掲げ、東三河4青年会議所との連携、東三河8市町村やこの地域の発展に力を注ぐ他団体との連携を図り、東三河のその古くして、新しき、様々な魅力を国内外の方に対しどのように打ち出していくべきか、豊橋青年会議所だからこそ可能であるという意思を持ち提言していきます。

東三河の培ってきた自然、歴史、文化など、特性を活かした魅力が「古くして、新しきもの」として国内外へ輝きを放つことで、人が集まり地域の経済振興に繋がり、地域の活性化へも直結します。またこの地の人々も地域の魅力やここに住まうことにより誇りを持つことで、活気あふれる地域として永く繁栄し継続した発展の兆しを掴むこととなります。全国各地、世界各国から東三河を目的地として訪れる人々が増えることにより、東三河が世界へと輝きを放ち続け、世界の中で最も輝く地域「東三河」へと進んでいきます。それこそが明るい豊かな社会の実現になると確信いたします。

 

所属メンバー

石崎 泰範 中村 太佑 野口 兄悟 山口 尚志 入山 光
尾崎 佳邦 國崎 恭弘 白井 勝 松尾 篤 村田 圭佑
 
安形 祐一 佐々木 真美 北郷 謙二郎 森下 篤志