委員会基本方針

戦略広報推進委員会

委員長  伊藤 皓

 

近年、広報はテレビ、ラジオ、新聞といった伝統的な手法だけではなく、デジタルツールの発達によって、スマートフォンをはじめとしたモバイル機器から、誰もが様々なツールを活用し情報を発信できる時代となりました。一方で、多数の人間を巻き込んだ発信力の強い情報によって、魅力はあれども発信力の弱い情報は埋もれてしまう傾向にあり、効果的な発信方法は年々複雑になっています。私たち豊橋青年会議所の活動においても、例会や事業をより多くの市民と共有し、明るく豊かな社会を築くためには、メンバー一人ひとりが広報活動に対し当事者意識を持ち、豊橋青年会議所が持つ横の繋がりを駆使した戦略的な広報活動を確立し、市民も巻き込んだ広報を推進することが喫緊の課題だと考えます。

まずは、私たち豊橋青年会議所メンバー一人ひとりの広報活動に対する当事者意識向上と実践が、組織としての発信力強化の原動力になることを理解していただきます。そして、各種SNSや動画共有サービスなどの各ツールの持つ特性を検証し、各例会や事業が狙うターゲットに対し興味や共感を生む伝え方を模索し、効果的な情報発信を目指します。さらに、これまで豊橋青年会議所が構築してきた関係諸団体などの横の繫がりや新たな人財を巻き込むことで、共感の和がスピーディーな広報活動を展開し、力強い発信を実践します。また、例会や事業を通じ豊橋青年会議所の魅力を市民に共有していただくことで、豊橋青年会議所への期待感が高まり信頼関係の醸成に繋がります。そして、豊橋青年会議所と市民との信頼関係は、地域を巻き込んだひとづくり、まちづくり運動の活動基盤の礎となります。また、自ら情報を発信しようとする当事者意識をもった活動の重要性を未来に伝えていくことで、個の広報がいっそう輝き、組織としての豊橋青年会議所の広報の推進に寄与します。

戦略広報推進委員会の活動により、豊橋青年会議所メンバー一人ひとりが自ら情報を発信しようとする当事者意識を強く持ち、自ら広報活動を推進する姿は多くの市民との信頼関係を築き、これまで以上に共感の和が広がります。さらに、共感の和に触れた市民の方が中心となって各例会や事業に対し、より密接に参加することで、豊橋青年会議所メンバーとして共に活動したいと考える新たな人財が集まります。広報活動を通した共感の和の広がりにより、多くの市民が豊橋青年会議所の展開するまちづくり・ひとづくりに能動的に参加することに繋がり、明るい豊かな社会の実現ができると確信します。

 

所属メンバー

大羽 儀周 瀧脇 常欽 河合 勇樹 澤本 圭史 縣 秀尚
朝倉 伸一 磯村 英弥 大野 浩継 住田 貴司 大羽 孝典
黒木 俊彦 杉浦 真紀 高須 結貴