グループ基本方針

古くして新しき組織づくりグループ

副理事長  笠原 元樹

 

 

 

激変するこの社会で 今、私たちは何をするべきなのか。そしてどうあるべきなのか。

情報が溢れ、様々な垣根がなくなり選択肢が増え続けるこの社会は、ものすごいスピードで進化しており、求められるものは日々変化しております。目に見えるものではなく本質が求められるこの環境において、青年会議所が三信条を活動の原点とし、明るい社会の実現に向け、時代に則した歩みを重ね続けるためには、時代に沿った新たな運営が必要とされています。

さらに「青年会議所しかない」時代から「青年会議所もある」時代と言われる今だからこそ、社会の変革を追い求め、壮大な目標までのプロセスにおいて自己成長でき、社会的価値のある人財を育成させる仕組みを構築された先輩諸兄の脈々と受け継がれた伝統や精神を踏襲し、規律を重んじながらさらに進化させる必要があります。そのような古くして、新しき文化をリレーさせることが我々の義務であり「青年会議所しかできない」と言われる団体に繋がるのではないでしょうか。

そのような圧倒的な魅力と新たな文化を持ち合わせた青年会議所を創り上げるためには、英知と勇気と情熱を持った青年経済人がさらなる資質の向上に励み、品格をより磨き上げ、自分たちが社会や地域を変えているという自覚とその責任を持ち合わせることが必要です。また青年会議所は市民、行政、各種団体を巻き込み活動を展開することで存在価値を発揮します。そのためには効果的かつ効率的な時代に沿った発信が必要とります。デジタルネイティブが社会の中心となる今、最先端な発信方法を模索し続けることはもちろんのこと、アナログな手法も駆使し戦略的な広報活動を試みる必要があります。品格ある青年経済人が発信する力強いメッセージこそが豊橋青年会議所の更なる飛躍の一助となり、明るい社会の実現に大きく寄与するものと確信いたします。

最後に「古くして、新しき」というターゲットのもと、村井理事長と同じ方向を向き豊橋青年会議所の組織運営をしっかりと下支えしたいと考えております。激動のこの時代の先導者となり、これからの未来を託されているのは我々です。まちを変える新たな運動力を生むべく全力で活動いたしますのでどうぞ1年間よろしくお願いいたします。