委員会基本方針

TOYOHASHI創造委員会

委員長  天野 正樹

 交通の要衝として栄え、ひとが流入し新たな文化が発展するとともに経済繁栄した豊橋は、住みやすいまちとなりました。しかし、ライフスタイルの多様性や個性の重視に伴い、住みやすさという根本の定義が変わりつつあり、まちが形成する魅力をうまく発信しきれておりません。さらに人口減少リスクを鑑みると、魅力あるまちであり続けなければ、今後住みたいまちとして選ばれない可能性があります。かつてのようにひとが流入し、このまちを今まで以上に発展させるためには、多角的な視点を用いて活動をしなければなりません。本来持つ魅力を再認識し現代と融合させるなど、発想の見直しが必要ではないでしょうか。一人ひとりが意識改革し、住むひと、来るひと、関わるひとを増やし、多くのひとを巻き込むことで「TOYOHASHI」へ向けた新たな価値を創造していかなければなりません。

まずは、多くのひとを巻き込み次代に受け継いでいくために、このまちの魅力や伝統文化を検証しつつ発信し、今ある営みの中に様々な活動の側面を多様性という視野として取り入れるまちづくりを行います。そして、ひととひとの交流が増え多種多様なひとを呼びこむために、市民、行政、関係諸団体や地元企業が一体となった活動を行うことで、このまちの文化と多文化を交えた体験をし、本来このまちが持つ魅力を再認識していただきます。さらに、他地域の方が関わりたいまち「TOYOHASHI」となるために、自発的に魅力や個性を伝え続けるように意識づけることで、このまちに住む市民の意識変革を促します。また、「TOYOHASHI」が生き生きとした光り輝くまちになるために、多様なひとで賑わい新たな価値を創造し続け、まちの魅力を高め多くのひとを呼びこみ、まちに住むひとを一人でも増やすことにつなげます。

このまちの魅力や価値を見直し現代と融合させ発信を行うことで、ひととひとが結び付き、関わるひとが増え、このまちの新たな価値が生まれます。魅力や文化を再認識し多文化の体験などを交えたまちづくりを行うことで、考え方や社会的価値観の変化が起こり、豊橋独自の個性や魅力が高まり、このまちに住みたい、関わりたいなど多くのひとで賑わうまちとなります。新たな価値が生まれ私たちの住まうまちは独自の地域として成長し、経済が発展し続けることで、このまちは活性化し真の住みやすいまち「TOYOHASHI」となります。光り輝く生き生きとしたまちとして明るい豊かな社会の実現になることで世界平和の実現に繋がると確信いたします。

 

所属メンバー

佐々木 啓允 鈴木 健嗣 伊藤 伸補 田中 孝始 石崎 泰範
高須 結貴 谷口 真崇 深見 耕史 松井 健郎 朝倉 悠太
伊藤 慎悟