グループ基本方針

広報渉外グループ

副理事長  小川 峰弘

 

 

豊橋青年会議所の創立からの思いは現在にまで多くの会員により連綿と受け継がれ、我々は志を一つに明るい豊かな社会の実現を目指した活動をしてきました。「燦然~一線の挑戦者たれ~」を2020年度のターゲットとして掲げ、豊橋青年会議が燦然と輝き続けるために会員一人ひとりが挑戦を続け、未来を考えた行動を展開し、LOMのために時代に沿った考えを後世に残していかなければいけません。

まずは、LOMを下支えする担いに対して、自らがどうあるべきなのかをしっかりと認識し、変わりゆく時代に合わせた客観的な視線と、柔軟な感性を持って会員の皆さまの模範となる行動を心掛けてまいります。そして、広報渉外グループとして外部との折衝窓口や、スケジュール管理などをしっかりと全うし、LOMを離れ各地で能動的に活動する挑戦者のために、戦略的な広報で学びをLOMに伝えます。また、外部に向けた運動を展開する中で、遵守しなければならないのがコンプライアンスです。いかに優れた発信をしようともコンプライアンスが遵守されなければ、組織は社会的責任を果たすことができません。我々の生きる社会との合意を認識した行動を運動の基準にしていきます。さらに、組織のリーダーとして、我々は発信を司る広報について地上戦と空中戦を使いこなす必要があります。今の時代にあったSNSツールの運用方法もさることながら、口コミでの自分の信用をのせた方法など、情報の受け取り手をマーケティングすることから戦略的な発信を行います。そして、渉外業務に従事するセクレタリーとは、対象者を誰よりも輝かせ、他とは違うその輝きを様々な戦略をもってエスコートしつつ、その対象者が気持ちよく仕事が出来る環境を創出する演出家ともいえるような存在です。対象者を輝かすという行動の中から自身を磨き、その振る舞いや輝きが対象者や所属する組織の資質や基準と捉えられます。自身がいずれ対象者となる事をイメージしながら業務の追及と併せて演出を考えてまいります。

豊橋青年会議所に所属する会員が、失敗を恐れず挑戦し続けることから光輝き、圧倒的にかっこいいJAYCEEが形成されます。多くの会員の皆さまが輝くための後方支援を通じて、豊橋青年会議所が燦然と輝き続けるように1年間邁進してまいります。