委員会基本方針

リーダー育成特別委員会

特別委員長  中村 太佑

 現代は、技術革新や社会情勢の急速な変化によって便利な世の中になる一方、既存のものが崩壊し、新たな価値観が生み出されるより複雑な社会になり、先行きの不透明性が高い時代になりました。これにより、女性の社会進出やグローバル化による多くの人種の流入、多文化共生が進み、多様な個性の違いや価値が複雑に絡みあう時代となっています。地域が主役となる時代において豊橋としても社会構造の変化にともなう人口減少など、このような先行きが見通しにくい時代の中で、道筋を明確に示す統率力のある人物像が必要であり、問題や課題の本質を見極め、的確に把握し、性別、年齢、出身地など点在する枠組みに捉われずに発案する能力が求められています。だからこそ、周囲を巻き込み、挑戦し続ける信念を持った周囲から慕われる統率力のあるリーダーを育成する必要があるのではないでしょうか。

まずは、周囲から慕われる統率力のあるリーダーを育成するため、明るい未来を描き続け、多様性によって複雑に絡み合う道筋を的確なものとして明確に示し、信念を持って人々を牽引する統率力のある人物を育成します。そして、信念を持って挑戦し続けることで、その気持ちに賛同するひとが集まり、意欲を維持し、意志疎通を上手に図る能力が身に付きます。さらに、信念を持ち挑戦し続ける人物となり、賛同するひとに理想と方向性を共有する信頼関係を築く能力を身に付けることで、成長したリーダーが優秀な組織を牽引し、周囲から慕われるリーダーとして信用されます。そのリーダーが追随者に適格な指導を積み重ね、また新たなリーダーが育成されるきっかけとなります。また、リーダーという人財の育成とともに、我々自身も豊橋の未来を担う次世代のリーダーとなり、地域の人たちの先頭に立ち、青年経済人として輝き続ける団体であり続けるための運動を展開します。

先行きの不透明性が高まる今だからこそ、道筋を明確に示す統率力のあるリーダーとして、周囲を巻き込み、様々な角度から生まれる課題を適格に把握し、多様な発想力を活用して挑戦を続ける人物として周囲から慕われる信念をもった輝かしい人財となります。そして、様々な課題ですら臆することなく解決に導く挑戦力を持った信頼できるリーダーに憧れた市民が周囲から慕われるリーダーの集う青年会議所にて新たに育成されます。道筋を明確に示すリーダーが増え、先行きの不透明性が高い時代の中でも希望の持てる社会を創造することで多種多様なひとが輝き、この地域発展につながると確信します。

 

所属メンバー

佐藤 和哉 森下 篤志 佐々木 真美 山内 理善 安形 祐一
尾崎 佳邦 印貢 寛貴 川西 恭弘 住田 創 井上 佳佑