委員会基本方針

広報渉外委員会

委員長  林 太造

 近年、スマートフォンやソーシャルネットワークの普及に伴い、情報の発信と受信の手段が共に多様化し、膨大な情報が錯綜している時代のなかで豊橋青年会議所の発信する情報は受け手にとって本当に価値ある情報と映っているのでしょうか。受け手に価値ある情報として伝わるためには、豊橋青年会議所が窓口として過年度から行ってきた広報活動を分析し、受け手が求めている情報を探り、価値ある情報として効果的に伝える仕組みを確立することが必要です。一方で組織の渉外業務は、他LOMと接触する最前線の窓口という側面があり、対象者が持つ輝きを引き出す行動を委員会で従事することが、組織としての格上げとなり存在意義を高めると考えます。

まずは、例会、事業の効果的な発信に携わる広報能力を高めるために、各委員会が練り上げた事業計画をLOM全体の議案として捉え、メンバーの一人として情報を扱う当事者意識を高めていただきます。そして、各委員会に効果的な発信方法を周知するために、事業の対象者を意識した情報の拡散ツールを模索し、メンバーに能率的な発信の仕組みを伝達することで、情報発信の戦略を身につけていただきます。さらに、価値ある情報の発信力を高めるために、豊橋青年会議所が構築してきた対外団体を巻き込んで発信することで、広報の幅は広がり、受け手により影響を与える広報活動を展開します。また、組織の重要な人物をアテンドする渉外業務において、対象者を輝かせるために渉外業務の重要性を委員会で認識し、対象者を輝かす行動の中から自身を磨き、その振る舞いの方法を次年度に引き継ぎ、組織の資質向上につなげます。そして、LOMの活動だけでは気付くことのできない学びや意識向上のチャンスに触れていただくために、各地で活躍しているメンバーの取り組みを積極的にLOMメンバーに向けて発信し、その経験をLOMの財産として積み上げていきます。

LOMの発信する全ての事業について、豊橋青年会議所に所属するメンバーとして自らが主体的な関わりを持っているという当事者意識が醸成されることで、メンバー一人ひとりが輝かせる人材と成長し、豊橋青年会議所は輝きを増します。対外に向けた情報発信という窓口と対内の組織の在り方を表現する窓口が、委員会活動としてメンバーに引きつがれることで、組織の資質向上にもつながり豊橋青年会議所自体の存在意義を高めます。そして、より多くの人々から共感を得られることで豊橋青年会議所の活動は、明るい豊かな社会の実現に大きく寄与すると確信いたします。

 

所属メンバー

小柳津 好史 森下 広光 磯村 英弥 鈴木 英明 丸山 敬太郎
岩崎 大輔