委員会基本方針

総務委員会

委員長  那須 隆行

 私たちは、先人たちが創り上げてきた運営ルールに基づき会議により意思決定を行い、地域社会に貢献してきました。運動を創り出す上で生産性の高い会議は非常に重要であり、メンバー全員が同じ目標を掲げ足並みをそろえ、諸会議に臨むことは効率的で建設的な議論を行う会議ができます。私たち自らが主体的となり総会そして理事会議、委員会会議に至るまですべての会議活動で発展的で建設的な議論を行い、時代に合わせルールを変えていくことで質の高い事業を生み出し、地域社会に貢献することができ、さらには事業を生み出す過程で思考や表現力向上といった個人の自己成長にも繋がると考えられます。

まずは、豊橋青年会議所の組織運営の礎となり、2020年度メンバーが同じスローガンを掲げ、同じ目標に向け足並みを揃え、その想いを共有し、1年間歩めるよう通常総会を開催します。そして、委員会として多くの目線を持ち、正確な議案作成を促すことで効率的な諸会議の運営を行います。さらに、時代の変化に合わせ新技術を駆使した効率的な組織運営のため、これまでの運営ルールや規範を尊重しつつも見直しを行い、メンバーが参加しやすく建設的な議論を行いやすい会議活動の変革を積極的に検討し、組織全体へ波及させ急速に変化する時代において、ひときわ輝く新しい組織の基盤づくりを行います。また、LOMの支柱を担うひとつの組織として自覚と責任を持ち、最高意思決定機関である総会、その他諸会議を円滑に行えるよう取り組むとともに、メンバー一人ひとりが主体的となって活動を行えるよう下支えを行い、役員選任総会ではメンバーへ新たな組織体制を発表し、検証して想いを次年度へ繋ぎます。

今後ますます時代の変化のスピードが加速していき、組織は意思決定から行動までのスピードが重要になります。必要があれば運営ルール変更を検討できる組織は、議論を行いやすい環境へと変化し、議論の質を高め、地域社会へ貢献することができる質の高い事業を生み出します。そして地域社会から信頼され、存在価値を高め、必要な組織であり続けられることができます。また議論を行いやすい環境のもと、会議を重ねることで思考や表現力向上といった自己成長をより促し、社会的価値のある人財へと成長していきます。メンバーが向上心と変革意識をもって活動を続けていくことにより組織のガバナンスが高まるとともにメンバーに有益な組織となり、それは地域の未来へ貢献することに繋がり、明るい豊かな社会を目指すことができるようになります。

 

所属メンバー

中根 貴弘 嶺田 達也 杉浦 正倫 幾田 知興 鈴木 俊充
松尾 篤 林 佑介