委員会基本方針

広域まちづくり委員会

委員長  福岡 孝往

 東三河に数多く存在する地域の魅力の再認識や東三河が自らのまちであるという住民意識の醸成及び向上が、住民の意識変革につながり、今日の豊かな東三河の実現につながってきました。他方で、生産年齢人口の域外流出などの地域問題に対し、行政機関や各種団体が「東三河はひとつ」との合言葉の下、連携し問題解決に努めてきましたが、依然として解決には至っていない地域問題も存在しています。東三河が今後も人々を惹きつける魅力ある豊かな地域であり続けるためには、革新技術やグローバル化の進行によって生じた社会的、文化的、経済的な多様化等の変化をこれまで行われてきた運動に加え、この地域に住まう人々や各種団体が一体となり、人口問題などの地域問題の解決をより一層強力に進めることができる新たな運動を行わなければなりません。

まずは、東三河が今後も豊かな地域であり続けるために、豊橋青年会議所が率先して東三河県庁や東三河広域連合などの行政機関や各種団体、民間企業や地域の方と対話を通じ、東三河が有する魅力を再度考察することで、継続的発展の基礎となる地域の魅力が明らかとなります。そして、従来において物理的及び技術的な限界から対応や解決することができなかった地域問題を解決するために、近時発展が著しい新技術を活用することで、新たな解決策や改善策を採ることができるようになります。さらに、東三河の住民や各種機関及び団体がより密接に協力し地域問題の解決を推進していくために、豊橋青年会議所がこれまでの活動で培ってきた経験や他団体との協力関係を活かし、東三河の発展や問題解決の手掛かりを示すことで、より効果的な地域の発展や問題解決が可能となります。また、東三河が有する魅力に基づき持続的に発展する地域となるために、地域住民や各種機関及び団体が相互に連携し、地域の発展や問題解決に取り組むことで、東三河の魅力が増し、この地域に居住する人が増加し継続的に発展する地域となります。

東三河が有する魅力を基礎としつつ、時代の変化を的確にとらえ、新たな挑戦を豊橋青年会議所が行い、その範を示すことで、住民が地域に愛着を持ち、それぞれが特性や技術等を活かし地域の問題解決に取り組むことにより、人口の増加並びに持続的な地域の発展が可能になります。豊橋青年会議所が行う活動が端となり、東三河に住まう人々が増え、多様な人材が存在するようになることは、東三河が魅力ある地域であり続け、東三河が継続的に発展する基盤となり、明るい豊かな社会の実現につながります。

 

所属メンバー

入山 光 川村 茂樹 縣 秀尚 市川 勝丸 辻 洋平
野呂 光平 矢原 裕史 中村 瑠美 渡部 將太