グループ基本方針

財務顧問所信

財務顧問  住田 貴司

 

 

豊橋青年会議所は、公益社団法人としての法人格を有しています。先輩方が築いてくれたこの環境を私たちは維持していく責務があります。また、私たちには公益社団法人として守るべきルールがあり、法令順守が強く求められる時代の中で、それを逸脱することは許されません。しかし、法律はすべてを網羅しているわけではなく、定められた文言の解釈と運用をどのようにするのかということに対しては、裁量の余地があります。不十分な理解では組織に重大な損失を与えかねず、杓子定規な解釈では組織の活動が阻害されます。青年会議所の運営とその結果である会計の両面において、法律をどのように守るのか。その中で、会員数が減少傾向にある現在の豊橋青年会議所においては、より有効的に資金を配分して公益事業を担えるように考えなければなりません。

2020年度、財政顧問として法に則った会計処理を促し、限られた資金を最大限に活用できるように、微力ながらLOMの下支えをしてまいります。どうぞよろしくお願いします。