メンバー詳細

組織づくりグループ

副理事長  小川 峰弘

豊橋青年会議所が発足し69年がたち、青年会議所しかない時代から青年会議所もある時代へ変る中で、諸先輩方の思いを引き継ぎ、私たちが住まう地域をより良くするために活動を続け、豊橋青年会議所は70周年を迎えます。今日に至るまで豊橋青年会議所は、未来を描き多様性あふれる意見を交換し、時代に合わせ変化を遂げてきました。その中で、唯一変わらず行っている事業が「会員募集事業」です。会員募集事業は私たちが住まうこの地域を継続的により良くするために多くの同士を集い、ともに多くのことを学びリーダーとなりえる候補者を輩出するために行ってきました。

1989年の230人をピークに会員数は減少し続け、2020年には100人を切る状況となってしまいました。この現状を私たち会員はどのように考えているのでしょうか。そして、どのような行動をしなければならないのでしょうか。私たちが行う活動の影響力が減少することで、私たちが住むまちのリーダー候補者が減少してしまうことを強く自覚しなければなりません。また、広報活動は拡大活動に対し最強のツールです。その最強のツールを最大限に活かさなければ、私たちが行っている活動が地域の方々に伝わらず、私たちの知らない新規候補者を取りこぼしてしまう可能性が大いにあると考えます。だからこそ会員拡大に寄与できる広報力が必要です。

そこで、組織づくりグループでは私たちが住まう地域をより良くするために、未来のリーダー候補者を多く迎え入れるべく従来の会員拡大活動、広報を通じた会員拡大活動を行いたいと思います。そのためには、会員一人ひとりが1年間の方向性を確認し、会員拡大の必要性をより理解しなければいけません。そして、会員拡大委員会と、広報拡大委員会が協力し、率先して行動することで強力な会員拡大事業を展開してまいります。また、私たち会員一人ひとりがリレーランナーと自覚して、次世代のリーダー候補者へ繋げ、私たちが住まう地域にリーダーを輩出してまいります。多くのリーダー候補者を豊橋青年会議所という学び舎に迎え入れ、このまちの未来を見据え大きなビジョンを描きます。

豊橋青年会議所は大きなビジョンを描く多くのリーダー候補者を輩出し、このまちをより良くする仲間が増えます。そして、これからも多くの同士を迎え入れ、豊橋青年会議所に所属することこそが、このまちの一番の発展の近道につながり、明るい豊かな社会への第一歩となることを確信します。