メンバー詳細

人づくりグループ

副理事長  中島 由盛

高度経済成長を遂げ、成熟した現代日本社会は、生活の利便性が向上しました。時代の変化は産業技術の発展だけではなく、その時代に沿ったリーダーを生み出してきました。人口増加中であった高度経済成長期では地位や役職の上位の人が権威をもち、メンバーを引っ張る姿が効率的でした。しかし近年では人口総数は減少に転じ、地方人口の減少は首都一極集中問題も相まって顕著に見られ、深刻さを増しております。現代では、メンバー個人を尊重しながら関係性を構築し、共通の目的に向かって地域と人々を巻き込むリーダー像が求められます。

人口減少問題はこのまちにおいても例外ではなく、2009年を境に推移は減少に転じており、現在も進行しています。このまちの人口構成を年代別でみると20代前半は突出して高く、20代後半は低下しています。つまり大学入学を機にこのまちには多くの若者がやってはくるものの、就職時は他の地域に転居している現状です。これでは、リーダーを多く輩出したとしても、このまちの発展にはつながりません。この地域のリーダーは、より深く時代を、人を捉え、寄り添い、つながり、若者がこのまちで働きたいと思う様な魅力的な仕事や雇用を生み出さなければなりません。

これからのリーダーには参加者であるメンバーから意見を引き出す様に働きかける共感に基づいたコミュニケーション能力が必要です。高度経済成長期時のリーダーはメンバーの先頭に立ち模範を示してきましたが、今は個を大切にする時代です。組織において俯瞰的中立的な立場から公平を保つ、サポート、フォローをする、様々な人や組織を巻き込む等、リーダーの在り方や手法は多様化しており、いずれにおいても共感に基づいたコミュニケーション能力は必要不可欠です。多くのコミュニケーションをとり、多くの発想が生まれ新たな答えを導き出すことが出来ます。そして企業においては、企業と若者が手を取り合い、共に学び協働し、さらには彼らが活躍出来る仕事を作り出しこのまちの発展につなげたいと考えております。

本年度70年を迎える豊橋青年会議所。多くの先輩が先見の目を持って行動しリーダーが育成されこのまちが発展してきました。この礎を次世代のリーダーに引き継ぐために、我々青年会議所が先頭に立ちリーダーを育成し、諸団体や多くの人を巻き込みます。そしてこの地域の産業の特色を活かした新しい産業や雇用を生み出し若者を定着させ、このまちのより良い発展のためにともに変化を起こし輝くまちの発展へとつなげて参ります。