メンバー詳細

企業人育成委員会

委員長  彦坂 俊光

 昨今の日本社会における企業の在り方は、時代とともに急速な変化をたどり、そこに属する人々の考え方、働き方に対する捉え方も日々変化しています。現在、従来通りの企業の在り方が問われています。この地域の企業も同様に、経営者が組織のあるべき姿を改めて考える機会となりました。さらに、このまちには、柔軟な発想を持つ人財の確保が求められています。

変化を続ける時代に即して地域が発展するためには、この地域の企業の事業継続は必要不可欠であり、その上で、企業人が世代間の異なる考え方を理解し、取り入れることができる人財を増やさなければなりません。我々と今の若者では物事に対する考え方の基準が違います。ワークライフバランスなどの価値を重視する若者が増える中、産官学の揃うこのまちの企業人が、この地域で学ぶ若者について正しく理解する必要があります。その上で、両者が協力するには、お互いの培ってきた考え方を理解し、お互いを尊重し、切磋琢磨していくことが重要です。

まずは、本年度企業人育成委員会は、社会の変化に柔軟な対応ができる考え方や知識を持った企業人の育成を目指します。その中で、変わり続ける時代に求められる柔軟な発想を身につけてもらうために、若者の価値観を理解してもらいます。そして、この地域の若者がこのまちで活躍するために、両者がともに学ぶ機会の提供をします。その過程において、新たな時代に必要な知識のみならず、今を生きる若者について理解を深めるきっかけとなります。新たな価値観に気づいた企業人が、この地域の若者と出会うことで、企業に求めるものを理解することができます。さらに、若者は企業人の影響をうけ、地域への愛着が湧き、学校では学べない知識を手に入れます。両者が触れ合い高め合うことで、お互いの培った知識と経験を地域の発展のために発揮できる人財になります。また、今を生きる企業人と若者が、ともに学び合うことで相乗効果が生まれ、新たな価値観を持った人財の育成運動になります。

社会変化に対応できる柔軟な発想を持った企業人がこのまちに増えることで、まちに住む若者が将来、次の時代の企業人としてこの地域に定住し、我々と同じ立場になったとき、彼らが培った能力がこの地域の発展へとつながり、新たな産業や雇用を生み出します。世代が円滑に入れ替わることで、経済活動を通じて時代に即した技術がこの地域に根付きます。その結果、未来の希望が溢れる地域になり、他地域からの若者が転入し、住みやすく輝かしい地域が生まれることを確信します。

所属メンバー

 

 

 

表 厚至 齋竹 裕子 渡部 将太 杉本 剛啓 辻 洋平
中村 太佑 松井 健郎 丸山 敬太郎 田中 孝宗 波多野 智樹
牧野 純也