メンバー詳細

広報拡大委員会

委員長  小柳津 好史

 豊橋青年会議所は、地域課題と真摯に向き合い、多様性あふれる同志と議論し、時代に合った変化を遂げながら、69年という歴史を紡いできました。情報の受発信が如何に多様化されようとも、研究を重ね、時代に合わせた広報活動を続け、地域の発展を目指した活動を発信し、伝えることで共感を生み、同志を迎え入れてきました。

メンバー自身が活動をしっかりと理解し、情報発信源であると自覚したうえで、積み重ねてきた想いや、未来へ向けた想いを地域の人々に広く伝えることが広報活動の基礎になると考えます。そして、組織として計画的な情報発信を行いながら、時には我々の笑顔を見せつけるような発信も必要ではないでしょうか。また、情報の受発信が多様化している現在をチャンスと捉え、様々な方法で地域との繋がりを模索し関係を深め、我々の活動に対し共感していただくことが必要だと考えます。

まずは、豊橋青年会議所の方向性を地域の人々に示すとともに、昨年の活動を顧み、自らの活動が地域の発展に繋がる活動であるという意識を今まで以上に共有していただきます。そして、各委員会と連携し、広報拡大委員会が広報活動の土台となり、例会・事業や活動に対する想いを、組織的な広報活動として発信し、地域の人々に興味を持ってもらえる情報となるよう協力していきます。さらに、新旧を織り交ぜた広報活動を展開することで、既存の繋がりを深めるとともに、新たな出会いのきっかけとなるような広報活動を行います。また、自らの権利でリーダーを選ぶ場を設け、地域の人々へ発信することで、活動に対する理解だけでなく、選ぶ側、選ばれる側双方の当事者意識を高めていただきます。そして、誇りと自覚を持ったメンバーが行う広報活動は、報告だけでなく、地域の人々に共感される広報活動へと変化し、自身の活力へと繋がります。

豊橋青年会議所活動のありのままを発信するとともに、活気あふれるメンバーの想いや考えを地域の人々に伝えることで、我々の知名度は向上します。そして、広報が介在することで構築された地域との良好な繋がりは、信頼関係をより強固なものにし、共感を生み出します。こうして共感を得た豊橋青年会議所は、多くのファンからの賛同を獲得し、ともに活動をしたいと考える人財が自然と集まります。このような広報活動の輪は、明るい豊かな社会の実現への第一歩であり、地域の人々とともにまちの発展に寄与する活動へ繋がるものと確信いたします。

所属メンバー

 

 

岩﨑 大輔 田邊 健介 森下 広光 嶺田 達也 三輪 昌輝
石田 和基 大谷 誠 佐藤 和哉 福岡 孝往 藤澤 健史
大林 亜依 鈴木 裕也 夏目 和也