メンバー詳細

総務広報委員会

委員長  小林 鋼平

新型コロナウイルスは地域社会に様々な交流の変化をもたらし、人々に繋がりの大切さを改めて認識させました。豊橋青年会議所においても交流を伴う活動が減少するとともに、「青年会議所が意識変革を起こすことができる」という実感をもてなくなっている会員もいます。そのような状況だからこそ、組織全体の活動を会員一人ひとりが再認識し共有することで青年会議所活動に対する主体性を高める必要があります。そして、豊橋青年会議所の活動を運動へと昇華させるために、会員一人ひとりが主体的に心へ響く発信を行わなければなりません。また我々の運動を持続的に社会に波及させるためには、より地域とのパートナーシップを意識した広報が必要なのではないでしょうか。
まずは過去の活動を引継ぎ、社会により良い変化をもたらすための検証の総決算において、会員一人ひとりが持つ議決権の意味を理解し臨むことで、自ら選択したという意識を胸に刻んでいただきます。そして自分との約束を決意した会員一人ひとりにより、多くの市民を巻き込むための広報活動を推し進めていきます。青年会議所が起こす運動を地域に継続させるためには、一人でも多くの市民が我々の活動に対して共感をもち、広く伝播していただく必要があります。共感を得るために事業だけでは伝えきることができない想いを伝えるとともに、あらゆる広報ツールの最適な選択と組み合わせを模索するなど、広報戦略の向上を目指します。またLOM内においても広報の重要性を再認識し、会員一人ひとりの発信力を高めることで意識変革運動を起こす力の向上に取組みます。さらに会員一人ひとりが組織の運動発信に対する理解を深め、自ら率先して情報発信していただくための基盤づくりを行います。また組織を導くリーダーに「選ばれた」という自覚をより強くもっていただくことは、この組織の力となり、社会へより良い変化をもたらす大きなエネルギーとなります。選ぶ側も組織の未来を自ら考え、共に進むという決意は希望をもたらす変革の起点としての覚悟へと変わります。
JAYCEEとしての矜持をもった会員が起こす運動は地域により良い変化をもたらし、さらに運動の可能性を理解した全会員による相手の心へ響く情報発信により、その運動はLOMの枠を超え、他の地域へと響き、世界をも変え得る力となります。一人で国を変えようと思っても僅かにしか変えられないかもしれませんが、我々の個性を協和させ運動を起こせば、地域の、全国の仲間の魂を共鳴させることができます。さあ、響きわたれ!変革の鐘よ!明るい豊かな未来に届くよう、人々が幸せであるように。

所属メンバー

副委員長
飯田 郁恵
副委員長
大塚 明善
副委員長
大林 由昇
卒業生
川西 恭弘
卒業生
山本 左近
委員
大谷 誠
委員
表 厚至
委員
波多野 智紀
委員
松井 基益
委員
森下 篤志
委員
矢原 裕史
新入会員
河西 将輝
新入会員
玉井 久美子
新入会員
牧野 孝幸