メンバー詳細

未来人育成委員会

委員長  佐藤 和哉

情報伝達技術の進化により教育環境、生活環境が今までになかった速度感で大きな革新の時代に直面しております。とよはし版GIGAスクール構想の推進により子どもが家庭で家族と過ごす時間が増え、子どもたちの成長の原点である家庭教育における、保護者の役割がより重要度を増しています。また、豊橋は生活環境において独特な文化や自然があり、住まう人も彩り豊かな地域社会でありながらそれらの接点の希薄化が進み、子どもにとって多様な価値観に触れる機会が減少しています。だからこそ、現在の責任世代の人たちが、地域社会から様々な価値観を得て、この地域の次代を担う未来人へ健全な心の成長の機会を与えることのできる人材になる必要があります。
まずは、保護者や責任世代の人々が自己省察するために、現在求められている家庭教育の役割を思議していただきます。そして、若者や子どもたちが前向きな姿勢で取り組むことのできる環境を醸成するために、保護者や責任世代の人々が新たな視点から教育方法を学び、学びに向かう力、人間性の涵養を図り、若者や子どもたちへ伝えていただきます。さらに、血縁地縁的なつながりを超えた人間関係を意識するために、保護者や責任世代の人々が学校と協働し若者や子どもたちへ自らの住まう豊橋という地の在り様に触れ、価値を伝え、体験できる機会を創出します。また、養った社会的視点を「未来人」に伝え、体現してもらうために、将来の豊橋の在り様を皆で考え、地域愛や郷土愛を形成していただきます。つまり、次代を生きる力を家庭という場をきっかけとし、市民としての社会的な行動を公の視点を以って体現していただきます。
保護者や責任世代の人々が自身を理解し環境を醸成することで、親子や地域での対話が増え、個々の成長につながります。また、地域社会に触れることで地縁を凌駕する関係性ができ、健全な心の意識変化を呼び起こし、自らが住まう豊橋という地の活性化になります。未来人の育成を他人任せにすることなく、他人の家族や子どもを意識することで多くの人を幸せにし、笑顔の溢れる地域になります。不安が多い世の中だからこそ、現在の責任世代の人々が、次代を担う若者や子どもたちに、変動する時代に合わせて考え、行動する姿を見せ、感受性豊かな未来人を育成するというこの運動が、より多くのひとへ響きわたり素晴らしい地域社会が創造されることを確信しております。

所属メンバー

副委員長
林 晃司
副委員長
望月 計利
卒業生
幾田 友興
卒業生
大羽 儀周
委員
中島 由盛
委員
中根 貴弘
委員
夏目 昇吾
委員
野呂 光平
委員
彦坂 俊光
委員
水澤 康文
委員
森下 広光
新入会員
加藤 祐大
新入会員
白井 己祐
新入会員
山本 明洋