メンバー詳細

地域アイデンティティ創造委員会

委員長  井上 佳佑

私たちの住む豊橋は、豊かな地域資源とバランスの取れた産業を基として、人と地域が一体となって生活基盤を向上させてきました。現在、人口減少により地域の担い手が不足していくなかで、地域内外問わず多様な人々がこの地域に関わることで地域を活性化させることが求められています。このまちは生活に必要なものが満たされている故に、地域に根付く特色を当たり前のこととして捉え、魅力を見出せていない傾向にあります。市民から「住み続けたいまち」であると同時に、市外の人から「選ばれるまち」であるためには、一人ひとりがこの地域の特色を魅力として認識することはもとより、地域の強みとして多様な人に響く魅力を創出しなければなりません。現在は過去から受け継いだものであると捉えると、地域としての価値を高め次代へ継承するためにも、まちの未来に対して多角的な視点を持ち、市民とともに未来を見据えたまちづくりを展開していく必要があります。
まずは、地域への興味関心を生み出すために、地域の現状と魅力である要素を再認識したうえで、地域の特性と向き合う機会を創出します。そして、まちの未来を考える人材になっていただくために、未来は自分たちの手で切り開いていくという当事者意識を醸成し、一人ひとりがまちに関わっているという自覚を持っていただきます。さらに、まちの求心力を高めるために、行政、各種団体や企業を巻き込み、市民とまちづくりとの接点を生むことで、市民を巻き込む議論へと発展させ、地域モデルとなり得る未来を見据えた新たな場を展開します。また、この運動を次代へ紡ぐために、多方面へ発信することで地域に関わる人々を増やすことにつなげ、新たなまちの在り方を示すと同時に、市民としてまちに対して「できること」を波及させます。
未来を見据えたまちづくりによって、豊橋の魅力を理解し誇りを持った市民による自発的な行動は、多様な人に響くと同時に人を惹きつけてやまないまちとなります。これは、このまちに関わる人が増え、多様な価値観と創造力が織りなすことで、新たな賑わいを創出し、まちが活性化する好循環が生まれることを意味します。不透明性が高い社会においても、市民が主体的に行動することで、まちとひとがともに成長する地域社会を追い求めることができます。青年会議所が発信する運動は、人々に夢を描いてもらい、一人ひとりが豊橋に誇りを持った輝かしい地域への発展を実現すると確信いたします。

所属メンバー

副委員長
鳴海 友也
副委員長
牧野 純也
委員
朝倉 悠太
委員
石田 和基
委員
岩崎 大輔
委員
小川 峰弘
委員
志賀 知加良
委員
辻 洋平
新入会員
加藤 拓実
新入会員
木村 美穂
新入会員
佐藤 優希
新入会員
菅沼 卓徒