メンバー詳細

LOM躍動グループ

副理事長兼運営理事  天野 正樹

未だかつて経験したことのないパンデミックは、現代に生きる我々の想像を遥かに超える高い障壁となり、社会の在り方を根底から覆すこととなりました。その中でも環境は目まぐるしく変化し、新しい生活様式が確立されてまいりました。青年会議所活動においても、従来の活動が十分に行えないことで対話や調和に歪が生じ「青年会議所しかできない、青年会議所だからこそ」の本質を理解し難いまま活動をせざるを得ない環境となっております。その様な逆境おいて、JAYCEEとして何ができるのか。何をしていかなければならないのか。脈々と受け継がれてきた創始の精神は青年会議所運動に欠かせないものであり、このまちのリーダーとして先進的かつ俯瞰的な視座で地域の課題を解決していかなければなりません。
 社会の時流に合わせ様々なことが加速度的に進み、従来の価値観や固定概念が変わり、アナログでの対話や調和は現代社会でも大事なコミュニケーションツールであります。しかし、人と会うことが制限された社会において、多種多様なツールを用いてその過程が成され、新たな形が創造されている中で、青年会議所の目的でもある「明るい豊かな社会の実現」に向けて、この地域の課題を解決するべく青年経済人らしい運動を展開してまいります。また、その運動をより効果的に波及させるために、この活動をより多くの人に知ってもらう広報が必要不可欠です。広報として、青年会議所活動の情報共有、コミュニケーションのハブ、ブランディングの推進、メディアリレーションズなど多角的に活用し、その先に待つ相手をイメージし、笑顔になれる発信を行わなければなりません。そして、全ての活動には規則があります。一人ひとりが豊橋青年会議所の社員として自覚と責任を持ち、決められたルールに則って地域の課題を解決できるように組織を構築していかなければなりません。また、青年会議所活動は不連続の連続でもあり、次代へ引き継ぐリレーランナーとして未来へ向けた運動を展開していかなければなりません。
このまちの未来を見据え、数年後にはどのようなまちになっているのだろうか。責任世代でもある我々が混沌とした未知なる可能性を切り開くことで、笑顔溢れるひと、躍動するまちとなり、お互いがお互いを想い助け合う。そんなひととまちが志を響かせ合えるような明るい社会になることを確信しています。我々JAYCEEだからこそできる運動を展開し、愛すべきまちの課題を解決するべく、この組織とともに未来へ躍動してまいります。