メンバー詳細

組織構想グループ

副理事長  本田 佑輔

豊橋青年会議所は70年もの間、絶やすことなく様々な運動を行ってまいりました。この運動のひとつでもあり、また市民に向けた運動を継続的に行うためにも欠かすことのできないものが会員の拡大であります。入会に至るきっかけは人それぞれありますが、今私たちは同じ組織に所属し、同志として同じ目的に向かい活動し運動を起こしています。これからも永続的に運動を続けるにためは、会員が絶えないことは当然の条件であり、近年の会員数減少傾向を打破する必要があります。また、運動をより大きく響かせ、まちにより躍動感をもたらすためには、私たちが多くの会員同士で切磋琢磨し、多くの議論を交わす中で運動の質を高めなければなりません。そのためには、会員の一人ひとりが拡大活動に対して能動的に取り組むことが必要だと考えます。
まずは、現役の会員一人ひとりが会員拡大活動を能動的に行えるよう、会員自身が豊橋青年会議所に所属している意義や意味を理解し、実感していただく機会を創出いたします。そして、なぜ会員拡大が必要なのか、個性が生き生きと協和することでどのようなことが起き得るのか、会員一人ひとりがその有意義さを認識した上で、私たちが活動していることの本質や運動の目的を周りの方へ伝えられるよう意識の醸成を図ります。さらに、仲間が増えることを組織目線で考えるだけでなく、新たに入会した本人や迎え入れた私たち個人にとっても出会いが増えることは自己成長につながる機会であることにも重きを置いた拡大活動を推進いたします。また、私たち現役会員の感覚や繋がりだけに頼るのではなく、青年会議所の魅力を十分にご理解いただいている先輩方の知恵や、他地域の成功体験を取り入れた拡大方法も推進していきます。
会員の一人ひとりが豊橋青年会議所の活動に対する不安や疑問をなくし、青年会議所をもっと好きになり、もっと深く知ることが活発な拡大活動につながります。入会に至る動機は人様々でありますが、その後の活動により誰しもがまちづくりやひとづくりについて考え、地域のため、誰かのために行動する人材になります。これは人生を豊かにすることそのものです。またそのように、まちづくりやひとづくりについて考える人材が一人でも多くなることは、議論の多様性から運動の質を高めるだけに留まらず、この地域にリーダーを輩出し続けるという不連続の連続にもなり、これこそがこの地域の発展につながります。すなわち豊橋青年会議所の会員が増えることで明るい豊かな社会の実現に近づくと確信しています。