メンバー詳細

人材育成グループ

副理事長  印貢 寛貴

1951年の発足から、豊橋青年会議所は様々な環境下において常に人と関わりながら2022年度を迎え、個人の特性や多様性を尊重する一方、生活する地域において人との繋がり方のバランスの舵取りが難しい時期に来ています。このまちをつくるのは人であり、世代を問わず人の成長こそがこのまちの発展に繋がります。そして、まちの発展を次代に繋げるためにも我々子育て世代や、今後の未来を担う子供たちや若者がともに学ぶ環境を見つめなおす機会を設け、その中で、生きるための知識や技能、相手に伝える力、困難に立ち向かう姿勢を身につけることが必要ではないでしょうか。また、まちに住む人にとって育つ環境はその人その人の人生に大きく影響し、愛知県、豊橋市、小学校区、町村と様々な地域に特性や人との関わり合いの仕組みがあり、それらを学び地域愛を感じ興味を持つ機会が必要です。
まず、地域の人財を育成する前に我々豊橋青年会議所会員が会員として行うべきことを当たり前に行えるようにします。そして、学校教育では得られない学びとは何であるか、地域の人たちと対話することで抽出し、どのような環境下においても世代を問わず次世代に向けて解決するべき課題に立ち向かう姿勢を学ぶ機会を創出します。また、次世代を担う子供たち、若者が育つ環境を親世代とともに見つめなおし、それぞれの地域の特色を知ることによって、次世代を担う子供や若者に自分たちが住む地域への地域愛を育みます。さらに、親子ともに自分たちの住む地域に対して地域愛を持つことによって、それぞれの地域ごとの課題に着目し、自分事として解決するための行動を興せる人になっていただきます。
どのような環境下においても、我々豊橋青年会議所会員が率先して行動することにより、教育を行う立場の親世代や地域の人々に賛同していただくことができ、地域の人々に理解が得られ多くの方に波及し、伝播します。そして、多くの方の理解と賛同が得られることによって、今後の未来を担う我々豊橋青年会議所会員と子供や若者、それを育てる親世代の対話が実現します。さらに、ともにこの地域について学び、それぞれの地域に愛着を持つことによって興味を持ち、それぞれの地域の課題を自分事として解決する力を身につけた人財を育成することにより、このまちの発展は響きあい、ゆるぎないものになると確信します。