事業報告

第50回愛知ブロック大会 豊田大会

2017年9月9日豊田スタジアムにて第50回愛知ブロック大会 豊田大会が開催されました。

第50回という区切りの大会であるとともに第1回の大会が開催された地の豊田に帰ってきた大会です。そして、何よりも豊橋青年会議所はブロック会長輩出LOMとして、事務局を担当したLOMとして多くのメンバーが出向し活動してきた2017年度の愛知ブロック協議会の集大成の大会でもあります。


開催場所は豊田市にある豊田スタジアムです。主に、スタジアム周辺や客席などです。

各会場は多くの来場者で溢れかえっていました。同会場では豊田青年会議所の「TSUNAGARUフェスタ2017」が開催され、来場者にとっては魅力あるイベントの一つになったのではないしょうか。 そして、イベントの一つを紹介しますと、愛知のアイデンティティ確立委員会が「みんなでつくるこども夢の商店街 ハタラクCARNIVAL」を開催していました。子供達が自分達で作った商品やサービスを商店街で売り、その売上で様々な職業を体験していました。

みんなでつくる こども夢の商店街が始まりました。親御さんと共にお子さまたちが大急ぎで開店準備です。

あっという間に満員御礼、小さな商店主たちは忙しそうに接客します。


各フォーラムには、専門の先生方が登壇し、学びある話を聴くことができました。

その中の一つ「経世済民フォーラム~アニマルスピリットを喚起せよ~」では、三橋先生より経済の仕組み、デフレの原因について図表を用いて解説されていました。政府の緊縮財政による根本的な原因がある一方で、我々企業にも内部留保・投資抑制、個々人の消費が減少することで世の中にお金がまわらなくなり、デフレスパイラルに陥っているとのことです。


第50回愛知ブロック大会式典。多くの来賓者による挨拶が行われました。

愛知県知事大村秀章氏の挨拶です。

豊田市長太田稔彦氏の挨拶です。

ブロックアカデミー委員会、鈴木覚委員長の挨拶です。

朝倉ブロック会長の挨拶。多くのメンバーに響く素晴らしい挨拶でした。2017年度の愛知ブロック協議会が行ってきた様々な想いが伝ってきました。

第50回愛知ブロック大会から第51回愛知ブロック大会へ引き継がれました。第51回は田原で開催されます。副主幹を務める豊橋青年会議所はしっかり関わっていかなくてはなりません。


その後には大懇親会が行われました。その中では2018年度の愛知ブロック協議会のキャビネットが発表されました。 来年度は、当LOMから朝倉伸一くんが直前会長として、古越純くんは副会長として出向します。引き続き、豊橋青年会議所は2018年度も愛知ブロック協議会と連携を強めていく年となります。

そして、各LOMの次年度の理事長予定者が発表されました。2018年度豊橋青年会議所は神谷理事長予定者です。公の場に初めて発表され、いよいよ2018年度の動きが本格的にスタートすることになります。

豊橋青年会議所は2018年度も愛知ブロック協議会、そして豊橋のために全力で活動してまいります!

宜しくお願い致します。