事業報告

2017年度10月事業「ワクワク!アドリブシアター2017~みんなでつくる僕らの舞台~」

2017年10月7日(土)、豊橋市公会堂にて10月例会「ワクワク!アドリブシアター2017~みんなでつくる僕らの舞台~」を開催しました。

本事業は、子どもたちに「思いやり」をテーマに練習してきた即興演劇(インプロ)を通し、保護者や一般の方々に披露していただきます。チームごとにオムニバスで様々な「思いやり」を表現する内容で構成し、参加児童すべてが舞台に上がり、全員の力で完成させます。来場者の皆様には演技をする子どもたちをスポーツの観戦をするように応援していただき、会場が一体となって子どもたちの発表を見守ります。



主催を代表して挨拶をする西島理事長



担当はジュニアアカデミー委員会。主旨説明をする鈴木委員長



本日の発表まで、演技指導をしていただいた特定非営利活動法人まねきねこ様。全11回の練習会で学んだことを本事業で発表いただきます。



子どもたちは、多くの観衆の前で即興演劇を発表します。大人でも憶する環境で子供たちは、演技できるでしょうか。


まずは各チームの紹介です。各チームで決めてきた、決めポーズでPRです。早速、練習の成果を見せてました。





選手宣誓。力強く宣言してくれました。



審査員の皆さま。左から、特定非営利活動法人まねきねこ様、渥美副理事長、鈴木委員長。



その場で決めらたテーマで即興演劇を行います。テーマは会場の皆さまに決めていただきました。

それでは、各チームの発表です。仲間と共に協力して即興で演技をします。小道具を使ってもOK。時間内にテーマのまとめていきます。各チーム共に、舞台という緊張する舞台に負けず、自分を表現してくれました。



結果発表。各チーム本当に僅差でした。順位を決めましたが、発表してくれた子供たちみんなが優勝者です。チームの仲間で困っているときに助けにいく姿は、本事業の目的である「思いやり」を感じることができました。






練習会から本事業まで長い期間携わってきた、子供たちの成長をとても感じることができました。本事業で学んだことを忘れずにこれからに活かしていただけることを期待しています。

みんな、おめでとう!