事業報告

2018年度 6月例会「ふぇいすとぅふぇいす ~過去・現在・未来の愛のカタチ~」

  2018年6月23日(土)穂の国とよはし芸術劇場にて、2018年度6月例会「ふぇいすとぅふぇいす ~過去・現在・未来への愛のカタチ~」を開催しました。当日は天候が悪い中、お子様連れでのご参加をいただきありがとうございました。また、豊橋市役所こども未来政策課と公益社団法人日本青年会議所日本創生グループ国土強靭化委員会からもブース出展をいただき、ありがとうございました。

講師講演では、NPO法人ファザーリングジャパンの小崎恭弘様をお招きし、子どもの発達と父親の役割や父親ならではの子育て法についてご講演いただきました。

 

ファミリースマイルブースでは、「絵本読み聞かせブース」「積木ブース」「写真撮影ブース」「子育て支援ブース」「未来へつなぐプロジェクトブース」を用意しました。「絵本読み聞かせブース」では姉妹でしょうか?仲睦まじく絵本を読んでいました!

 

積み木ブースでは、終始子どもたちで賑わっていて、子どもたちには素朴な遊びもまだまだ必要と感じる場面でした。

 

写真撮影ブースでは、プロのカメラマンによる写真撮影が行われました。家族の想い出の1ページとして多くのご家族が記念撮影していただきました。

 

子育て支援ブースでは、市役所で行っている政策の紹介をしていただき、子育てに不安があった際は相談していただくようご説明されていました。

 

未来へつなぐプロジェクトブースでは、東日本大震災で罹災した皆さまへの応援メッセージを寄せ書きしていただきました。神谷理事長も「笑顔が響きあう日本へ!」と力強いメッセージをいただきました!こちらも多くのご家族連れや小さなお子様にもメッセージをいただきありがとうございました!

 

6月例会では、家庭の中にある感謝の気持ちの循環を認識していただき、6月23日を6月(愛の月)23日(ふみの日)から家族に感謝を送る日として、623(むつみ:人々が仲よく寄り合う。仲よくする。)と題して、<むつみノート>の配布を行っております。下記リンクよりダウンロードが出来ますので、ぜひご家族で今一度お互いの感謝や悩みについて書き綴ってみてはいかがでしょうか。本例会にはご参加いただきありがとうございました!

むつみノートとは?

むつみノートとは、家族で伝えあう家庭の大切さ、親からの愛情、協働することで生まれるお互いへの感謝の気持ちを「愛情、感謝、思いやり、感動、知識、勇気」の六つの実を実らせる魔法のノートです。

ダウンロードはココをクリックしてください