委員会紹介

2021年度 委員会

未来づくりグループ 70周年事業特別委員会 所属メンバー
未来のまち創造委員会 所属メンバー
人づくりグループ リーダー育成委員会 所属メンバー
企業人育成委員会 所属メンバー
組織づくりグループ 会員拡大委員会 所属メンバー
広報拡大委員会 所属メンバー

 

特別委員長  佐々木 啓允

1951年6月、終戦後6年余りで豊橋青年会議所は設立されました。まさに激動といえる時代の中、「新日本の再建を夢に描き」立ち上がった先達の創始の精神は、時代を越え脈々と受け継がれています。69年もの間、時代毎に現れる社会課題に対し、様々な運動を起こすとともに市民の意識を変革し、絶えることなく歩んでまいりました。

先達は様々な社会の変化におかれても、「明るい豊かな社会」を目指し、議論を通じて切磋琢磨することで、歴史を紡いでまいりました。本年度、創立70周年を迎えるにあたり、我々現役会員は地域社会の未来を築き上げる責任世代として、我々が目指すべき運動の更なる可能性を拡げたいと考えます。そのためにも、この節目の年を好機と捉え、歴年の尊い軌跡に触れることで先達が紡がれた青年会議所の理念と向き合い、時代の変化においてもしなやかに対応できる組織として、未来へと紡ぐ必要があります。

そこで、本年度70周年事業特別委員会では、現役会員に青年会議所の理念と改めて向き合い、理解を深めていただきます。まずは、理念を「知恵」として深め、様々な社会変化に対してもしなやかに対応できる組織への第一歩を踏み出します。そして、先達や関係してくださった皆様へ最大限の敬意と感謝を表すとともに、離れた点と点を結びます。さらに、歴年の尊い軌跡をともに振り返ることで、現役会員は未来を俯瞰的に見据える高い視座を持ち、青年会議所の持つ可能性はより大きなものとなります。また、我々は次代へと理念をつなぐ継承者として、目指すべき運動の方向性を創造してまいります。そうすることで、まちに感謝を伝え、互いに手と手を取り合い、ともに変化を起こす「智慧」を提示します。また、青年会議所活動の根幹をなす理念を受け継いだ我々現役会員は、次代を担う責任世代のリーダーとして、未来の豊橋青年会議所を築き上げていくことを自負し、率先して行動することで社会の課題解決に寄与する人材となります。

視座の高まった現役会員は、青年会議所の理念に立ち返った考え方のもと、時代の潮流に乗った「智慧」で、まちの未来を創造します。まちを1つに「つなぐ」リーダーとして率先して変化を起こすことで、市民の意識は醸成され、多くの市民が自然と手と手を取り合う地域へと変化します。そして、歴史ある豊橋青年会議所だからこそ描ける未来は、まちにさらなる変化を起こす第一歩となり、明るい豊かな社会の実現へつながるものと確信いたします。

所属メンバー

伊藤 慎悟 井上 佳佑 藤野 希依 市川 勝丸 杉浦 真紀
鈴木 俊充 入山 光 長浜 弘枝 野呂 光平 船瀬 大輔
尾前 達也 加藤 亨祐 鳴海 友也 平松 大地

 

 

70周年事業特別委員会 担当事業・例会

・6月例会
・9月例会

 

未来のまち創造委員会

委員長  中根 貴弘


多くの産業が集約し、豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、独自の文化を築いてきた豊橋という地で、我々豊橋青年会議所は、時代を見据えた運動に挑戦してまいりました。そして、まちづくり事業においては、「市民協働」を一つの指針として運動を展開してまいりましたが、人々が感じる豊橋のまちの魅力やまちに求めるものが時代とともに変化をするなかで、我々の活動の方向性も一つの転換期を迎えています。

これまでの地域や組織としての活動を、地域間や組織間で競争的、独自的に行うのではなく、各々が自らの個性や役割を認識し、まちとしての多様性、住まう人々としての多様性を尊重し合う関係性が重要視される時代であり、地域間や組織間にある障壁を一つ一つ取り除き、新しい力の創出が求められています。そして様々な活動で、「豊橋」という認知度は向上してまいりましたが、次の段階である興味を持っていただく、訪れていただく「豊橋のまち」としての発信、活動を行い豊橋の未来に対する希望を育む必要があります。

まずは本年度、未来のまち創造委員会は、理事長が掲げる「創造」のもと、今日まで築き上げてきたパートナーシップをより強固なものにします。それは過去の賛同者との関係性を持続しつつ、新たなる賛同者を得て、交流を生み、そこで得た関係性を地域間、組織間の連携強化に繋げていきます。そして、連携強化により得た、新たなる力から発信される事業は今まで以上に大きな発信力、求心力を持ち、豊橋市民には更なる満足度を感じていただき、市外の方には豊橋というまちに興味を持っていただくことに繋がります。さらに、まちづくり事業に関わっていただいた市民や団体に活動を通して、未来の豊橋を描いていく当事者意識を醸成していきます。また、その先には自らの魅力で輝き続ける、持続可能な地域への一歩となり豊橋の未来に対する希望を育みます。

今日まで我々青年会議所が築き上げてきた市民協働を、形式や表面上などの受け身な関係性ではなく、互いに関心を寄せ合い、目的、目標を共有し、自発的に変化を起こす市民協働へと昇華させることで、より強固な結束力が生まれ、持続可能な地域への大きな一歩を踏み出します。そうなることで、競争ではなく「ともに」が実現し、その力で発信し、波及された運動は、市民の方々とそこに関わる人々に豊橋という地に期待と希望を持っていただくことに繋がります。このまちの未来を創るのは豊橋青年会議所であり、我々の発信する運動は、魅力が溢れるまち、人々が訪れたいまちに繋がることを確信します。

 

所属メンバー

朝倉 悠太 林 佑介 鈴木 健嗣 田中 英司 安形 祐一
谷口 真崇 水澤 康文 松井 基益 朝倉 健五 大林 由昇
平野 大輔 望月 計利

未来のまち創造委員会 担当事業・例会

・10月例会

 

リーダー育成委員会

委員長  斉藤 久義

 近年の豊橋市ではSDGsの推進がなされ、環境実践都市として様々な活動を展開していますが、多くの市民にむけた周知が一層必要です。また、環境保全や活用に限らず教育機関も充実しており、持続可能な社会の実現へ向けた活動を推進している地域です。一方で、この地域では様々な団体に所属するリーダー達がまちの発展のために、問題や課題解決に向け活動してきました。これから、このまちの人口減少のような大きな問題解決へ向かい、急激な社会変化に対応するためには、リーダーが率先して活動するだけに留まらず、組織内のメンバーや、多くの人々が、同じ方向へ向き、より一層ちからを合わせることが求められます。

豊橋という地域には社会課題と向き合う多くの団体が存在しています。しかしながらその団体の多くは、状況が急激に変化する社会においても、各団体がそれぞれ単独で活動していることが多くみられます。従来求められていた、組織を力強く牽引するカリスマ的リーダーより、多くの人を巻き込みながら、どのような状況においても組織を引率できるリーダーが必要であり、組織に所属するメンバー一人ひとりが課題解決に向け主体的に活動していかなければなりません。そのためには、青年経済人として大胆な視点と行動力を持ち、様々な組織とそこに繋がる地域を、導くことができるリーダーが必要不可欠となります。

リーダー育成委員会では、利害関係や上下関係のない場を設け、他者の考えや想いを引き出し、受け止め、認め合うことで相互理解を深められるリーダーを創出します。そして、他者の考えや思いを整理し構造化するリーダーが、互いに納得感を得て合意形成へと導ける人財へと育成します。さらに、横のつながりを創り、方向性と目的を共有することで、同じ目的に対して主体的に行動できるようになり、互いの組織を導くことができるリーダーへとなります。また、そのリーダーと様々な人々が交流し、互いに成長する機会を設けることで、協力関係の一助となります。

横のつながりを創り、他者を導くことができるリーダーによって、共通する課題を持つ人々が、主体的に行動するようになることは、大小問わない問題を解決することが可能となり、輝かしい地域へとなります。そして、そのように行う時代の流れに合ったリーダーの育成をこれからも行い続けることで、ひとづくりがなされ、まちづくりへとつながり、ひいては明るい豊かな社会となることを確信しております。

所属メンバー

金田 敦雄 林 晃司 深見 耕史 大野 浩継 鈴木 英明
幾田 知興 小林 綱平 古池 もも 飯田 郁恵 大塚 明善
武田 圭祐

 

リーダー育成委員会 担当事業・例会

・3月例会
・5月例会

 

企業人育成委員会

特別委員長  彦坂 俊光

 昨今の日本社会における企業の在り方は、時代とともに急速な変化をたどり、そこに属する人々の考え方、働き方に対する捉え方も日々変化しています。現在、従来通りの企業の在り方が問われています。この地域の企業も同様に、経営者が組織のあるべき姿を改めて考える機会となりました。さらに、このまちには、柔軟な発想を持つ人財の確保が求められています。

変化を続ける時代に即して地域が発展するためには、この地域の企業の事業継続は必要不可欠であり、その上で、企業人が世代間の異なる考え方を理解し、取り入れることができる人財を増やさなければなりません。我々と今の若者では物事に対する考え方の基準が違います。ワークライフバランスなどの価値を重視する若者が増える中、産官学の揃うこのまちの企業人が、この地域で学ぶ若者について正しく理解する必要があります。その上で、両者が協力するには、お互いの培ってきた考え方を理解し、お互いを尊重し、切磋琢磨していくことが重要です。

まずは、本年度企業人育成委員会は、社会の変化に柔軟な対応ができる考え方や知識を持った企業人の育成を目指します。その中で、変わり続ける時代に求められる柔軟な発想を身につけてもらうために、若者の価値観を理解してもらいます。そして、この地域の若者がこのまちで活躍するために、両者がともに学ぶ機会の提供をします。その過程において、新たな時代に必要な知識のみならず、今を生きる若者について理解を深めるきっかけとなります。新たな価値観に気づいた企業人が、この地域の若者と出会うことで、企業に求めるものを理解することができます。さらに、若者は企業人の影響をうけ、地域への愛着が湧き、学校では学べない知識を手に入れます。両者が触れ合い高め合うことで、お互いの培った知識と経験を地域の発展のために発揮できる人財になります。また、今を生きる企業人と若者が、ともに学び合うことで相乗効果が生まれ、新たな価値観を持った人財の育成運動になります。

社会変化に対応できる柔軟な発想を持った企業人がこのまちに増えることで、まちに住む若者が将来、次の時代の企業人としてこの地域に定住し、我々と同じ立場になったとき、彼らが培った能力がこの地域の発展へとつながり、新たな産業や雇用を生み出します。世代が円滑に入れ替わることで、経済活動を通じて時代に即した技術がこの地域に根付きます。その結果、未来の希望が溢れる地域になり、他地域からの若者が転入し、住みやすく輝かしい地域が生まれることを確信します。

所属メンバー

表 厚至 齋竹 裕子 渡部 将太 杉本 剛啓 辻 洋平
中村 太佑 松井 健郎 丸山 敬太郎 田中 孝宗 波多野 智樹
牧野 純也

 

企業人育成委員会 担当事業・例会

・4月例会
・8月例会

 

会員拡大委員会

委員長  川村 茂樹

 1951年の発足以来、69年間絶えることなく承継される高い志からなる豊橋青年会議所は、今年度で70周年を迎えます。代々、明るい豊かな社会を実現するために活動し、長い歳月をかけて、高い志を築き上げてきました。豊橋青年会議所は、常に新しい個性や価値観を迎え入れ、ともに時代に即した理想を掲げ、この地域の未来を創造することにより、豊橋青年会議所という組織の魅力を高めてまいりました。その結果、学び舎という側面をもつこの組織は、数多くの功績を残す人財を輩出することができたのです。

時が流れるにつれて時代は移り変わり、社会の課題も変容するため、新たな個性や価値観を持つ人財を迎え入れて議論をつくすことによって、私たちは多様な考え方に触れることができ、数多くの学びを得ることができると考えます。そして、豊橋青年会議所という学び舎に、より多くの人財を迎え入れるためには、所属する会員がこの地域に住まう社会のために貢献できる可能性に満ちた方々に、自身の言葉で豊橋青年会議所の活動や魅力を伝えられることが必要であります。

まずは、会員拡大活動に際する想いを引継ぐとともに、一年間の方向性を示します。そして、会員拡大委員会と広報拡大委員会の拡大旗艦2隻で会員を先導して、より多くの入会候補者を迎えるために各委員会との綿密な連携体制を築きます。さらに、豊橋青年会議所の会員拡大活動の本質について思慮し、その過程の中で会員同士の意識共有を図り、組織的な活動をするために、真剣に取り組めるように団結心を深めます。また、候補者の方々が豊橋青年会議所活動についての理解を深めていただくために、所属する会員を交えて議論をつくし、同じ目的を共有して行動することによって価値や魅力を感じていただき、その心中へ伝え留めます。その結果、多くの仲間とともに候補者の方々の入会意識を高めます。ともに過ごした仲間と希望を抱くことで、この地域に貢献できる人財として、成長を遂げるための一歩を踏み出します。

一人でも多くの仲間と議論をつくし、ともに力を合わせて地域発展を創造し、明るい豊かな社会を実現すべく行動することによって、また一歩その理想に近づきます。より多くの仲間とともに活動することこそが、豊橋青年会議所の発信力や魅力を高め、この豊橋という地域社会に多くの影響を与えることができます。その過程の中で、私たちがこの地域に貢献できる人財として成長を遂げることによって、豊橋青年会議所が理想とする未来を実現することができるのです。

所属メンバー

川西 恭弘 中村 瑠美 森下 篤志 尾崎 佳邦 白井 勝
那須 隆行 井川 詳裕 大羽 儀周 芝本 晃基 夏目 昇吾
山本 左近 姉川 哲也 志賀 智加良 白井 孝治

 

会員拡大委員会 担当事業・例会

・2月例会
・11月例会

 

広報拡大委員会

委員長  小柳津 好史

 豊橋青年会議所は、地域課題と真摯に向き合い、多様性あふれる同志と議論し、時代に合った変化を遂げながら、69年という歴史を紡いできました。情報の受発信が如何に多様化されようとも、研究を重ね、時代に合わせた広報活動を続け、地域の発展を目指した活動を発信し、伝えることで共感を生み、同志を迎え入れてきました。

メンバー自身が活動をしっかりと理解し、情報発信源であると自覚したうえで、積み重ねてきた想いや、未来へ向けた想いを地域の人々に広く伝えることが広報活動の基礎になると考えます。そして、組織として計画的な情報発信を行いながら、時には我々の笑顔を見せつけるような発信も必要ではないでしょうか。また、情報の受発信が多様化している現在をチャンスと捉え、様々な方法で地域との繋がりを模索し関係を深め、我々の活動に対し共感していただくことが必要だと考えます。

まずは、豊橋青年会議所の方向性を地域の人々に示すとともに、昨年の活動を顧み、自らの活動が地域の発展に繋がる活動であるという意識を今まで以上に共有していただきます。そして、各委員会と連携し、広報拡大委員会が広報活動の土台となり、例会・事業や活動に対する想いを、組織的な広報活動として発信し、地域の人々に興味を持ってもらえる情報となるよう協力していきます。さらに、新旧を織り交ぜた広報活動を展開することで、既存の繋がりを深めるとともに、新たな出会いのきっかけとなるような広報活動を行います。また、自らの権利でリーダーを選ぶ場を設け、地域の人々へ発信することで、活動に対する理解だけでなく、選ぶ側、選ばれる側双方の当事者意識を高めていただきます。そして、誇りと自覚を持ったメンバーが行う広報活動は、報告だけでなく、地域の人々に共感される広報活動へと変化し、自身の活力へと繋がります。

豊橋青年会議所活動のありのままを発信するとともに、活気あふれるメンバーの想いや考えを地域の人々に伝えることで、我々の知名度は向上します。そして、広報が介在することで構築された地域との良好な繋がりは、信頼関係をより強固なものにし、共感を生み出します。こうして共感を得た豊橋青年会議所は、多くのファンからの賛同を獲得し、ともに活動をしたいと考える人財が自然と集まります。このような広報活動の輪は、明るい豊かな社会の実現への第一歩であり、地域の人々とともにまちの発展に寄与する活動へ繋がるものと確信いたします。

所属メンバー

岩﨑 大輔 田邊 健介 森下 広光 嶺田 達也 三輪 昌輝
石田 和基 大谷 誠 佐藤 和哉 福岡 孝往 藤澤 健史
大林 亜依 鈴木 裕也 夏目 和也

 

広報拡大委員会 担当事業・例会

・通常総会の実施
・役員選任総会の実施