月別: 2017年7月

公益社団法人豊橋青年会議所2024年度 5月例会 開催のお知らせ

2024年05月09日

 

公益社団法人豊橋青年会議所2024年度 5月例会 開催のお知らせ

日時:05月26日(日) 11:00より
場所:豊橋市まちなか広場
愛知県豊橋市駅前大通2丁目83

~ タイトル ~
公益社団法人豊橋青年会議所2024年度 5月例会
『TOYOHASHIパンフェス~みんなで伝えよう!豊橋のストーリー~』

~ 内 容 ~
豊橋のパン屋さんに出店していただき、TOYOHASHIパンフェスを行います。また、モニュメント(掲示板)のお披露目会があり、現代で珍しいオフライン書き込み発信ができます。さらに、「知らなかったSNS活用術」を豊橋で活躍されているインフルエンサーのいいじゃん三河様をお呼びし、実際にSNSで発信方法を教えていただきます。

~ 例会の目的 ~
豊橋のブランディング構築を最大の目的とし、本例会では豊橋の魅力や情報が広く市内外へ届くよう、市民の皆様が自発的に発信をしていただけるようになることを目指します。

~ PR ~
豊橋では店舗数は多いものの未だ食イベントでは取り上げられていないパンに着目し、TOYOHASHIパンフェスを開催いたします。また、現代では目にすることがなくなった掲示板を作成し、地域の発信スポットとして披露いたします。地元インフルエンサーのいいじゃん三河様とともに、発信方法の工夫を学び、自ら発信したくなる市民が増える事業を展開いたします。

開催日時
2024年05月26日(日)
11:00開会 15:00閉会

開催場所
豊橋市まちなか広場
〒440-0888 愛知県豊橋市駅前大通2丁目83

1月例会 出陣式

2024年01月18日

公益社団法人豊橋青年会議所
1月例会 出陣式

1月14日(日)安久美神戸神明社にて、豊橋青年会議所会員一同で2024年度の活動の成功と、豊橋市の発展を祈念してまいりました。

その後、高千穂会館様で決起集会を行いました。

決起集会の際は、各委員会が笑顔溢れる動画を作成しメンバー同士の結束力を高めました。

各委員会、クオリティの高い動画を作成し、会場全体が大変盛り上がり、2024年度の船出に相応しい例会となりました。

1月例会は一年の中で最初に行われる例会であり、今年も最後まで走り切ろう!と勢いづき、とても良い新年のスタートが切れたことを嬉しく思います。

公益社団法人豊橋青年会議所 新年式典

2024年01月17日

公益社団法人豊橋青年会議所 新年式典

1月14日(日)豊橋商工会議所において新年式典が開催されました。理事長所信表明をはじめ新入会員のプレート授与式、来賓挨拶など様々なプログラムがありました。

毎年のことながら入会した時のことを思い出し、一年を走り切ろう!という心構えが出来るのでいい時間が過ごせました。

また、理事長所信に掲げる「どちへんなし ~全ての物事に真心を~」にあるように真心をこめ身近な人々を幸せに出来るように活動していきます。

能登半島地震の被災地支援に関して

2024年01月05日

【能登半島地震の被災地支援に関して】

日頃は公益社団法人豊橋青年会議所の活動に対しまして、ご理解ご支援いただきありがとうございます。

新年を迎え、新体制がスタートしました。

新年のお祝いを述べて始まりたいところですが、ご存知の通り、1月1日に能登半島地震が発生しました。お亡くなりになられた方々に深い哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

豊橋青年会議所では、愛知ブロック協議会と共に、支援物資の調達を行いました。
また、豊橋市役所の協力もあり多くの支援物資が集まりました。

1.ブルーシート(1,040枚)
2.簡易トイレ(100)
3.土嚢袋(至急必要数:20,000枚)
4.ミネラルウォーター
(2ℓ入りPETボトル102本)(飲料水 500ml 360本)
5.ナイロンロープ8ミリ(100本)
6.生理用品(20,432個)
オムツ(47箱・128枚)

これ以上、被害が拡大しないことをお祈りすると共に、1日も早い復旧のために、今後も支援に取り組んでまいります。

新年のご挨拶

2024年01月01日

    

 

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は公益社団法人豊橋青年会議所の活動に対して多くの皆様にご支援、ご協力賜りましたこと厚く御礼申し上げます。豊橋青年会議所は1951年に設立され、本年度で73年目を迎えました。2024年度は「どちへんなし~全ての物事に真心を~」というターゲットを掲げ、「皆が笑顔で幸せ溢れるまち」というビジョンのもと、このまちに関わる全ての方が笑顔で、幸せ溢れるまちを創造できるように全身全霊、真心を込めて活動を展開してまいります。また、活気に満ちたまちであることを願い、その実現のために、地域の課題を解決し人々が安心して生活できる環境を整えていきます。それには当然のことながら、まちを想うこと、人を想うことが必要不可欠です。まちに必要とされる団体、地域の青年経済人が自然と集う団体、これが私たちのあるべき姿だと考えます。現代ではDX(デジタルトランスフォーメーション)により、従来の対面でのコミュニケーションの良さに触れる機会が薄れつつあります。このような社会の中でも相手の表情を読み取り、感情に合わせた対話が依然として重要だと考えます。現代では過去の常識が当たり前ではなくなったが、パンデミックによる問題は徐々に解消され、従来の行動様式の良さが取り戻されつつある一方で、VUCAという言葉が造られたように、社会や地域の未来が予測しにくくなる状況となっています。そこから目を背けることはできず、この激動とも言える時代をどのように生き抜いていくのか。その中で私たちは社会課題を見極め、その解決に向けた道を示し先導者となり運動を展開してまいります。そして提示した解決方法が伝播し、市民の皆様とより良いまちを創っていく。それが市民協働のまちづくり団体、市民意識変革団体という側面を持つと言われる所以だと考えております。相手を想い、全ての物事に対して誠心誠意、真心を持って行動していくことを念頭に、会員同士が思いやること、助け合うこと、そして若者らしく元気に活動をしてまいります。その器量を持って明るい豊かな社会の実現を目指します。2024年度も皆様の温かいご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げますと共に、皆様にとって素晴らしい一年となりますよう、心からご祈念申し上げます。一年間どうぞよろしくお願いいたします。